高知の薪ストーブ販売専門|アイコー機械
アクセサリー各種お問い合わせ下さい。

TOP >> Vermont Castings(バーモントキャスティングス)シリーズの特徴
安定した燃焼に欠かせない 「高気密設計&流体システム」

グラスファイバーロープ高気密を生み出すグラスファイバーロープ
薪ストーブの性能を大きく左右するのが気密性。 バーモントキャスティングスでは密封性を高めるため、弾力性に富んだグラスファイバーロープを採用しています。 開閉部はもちろん、空気の通り道など、内側の見えない所にもこのロープを随所に取り入れています。 また、パーツである鋳物どうしの結合には、耐火セメント、またはグラスファイバーロープを張りめぐらせ、高気密を徹底しています。

工学的に構築された流体システム
気密性の高さにより理想的に燃焼した結果実現したのが、流体力学に基づいた流体システム。
炉内でムラのない燃焼と規則性に優れた排気ルートは、鋳物全体に熱が行き渡り、薪から得た燃焼エネルギーを無駄なく効果的に輻射しています。

 

バーモントキャスティングスだけが実現した 「自動温度調節機能」

燃焼効率を向上させるための飽くなき追求が、“バイメタルサーモスタット”=自動温度調節機能。 熱膨張率の異なる2種類の薄い金属板を貼り合わせ、コイル状に仕上げた装置です。 高い温度が加わるとコイルが膨張することで空気弁が閉じられ、逆に熱が奪われるとコイルが収縮し、空気弁が開くしくみです。 本体側面にある火力調整レバーを任意のポジションにセットすれば、それ以降、燃焼室に必要な空気が必要な時だけ取り込まれ、オーバーヒートを予防するとともに、無駄のない安定した燃焼が得られます。 就寝の際、自動温度調節機能が火力の管理をしてくれるので、安定した燃焼が持続。 薪の消費も少なくてすむという画期的なシステムは、バーモントキャスティングスだけが実現した機能なのです。

 

ハンドル操作ひとつで空気の流れを切り替える 「垂直・水平燃焼モード」

薪を燃焼させる炉と未燃焼ガスを燃やす炉を独立させることで、効率よい燃焼を作りだすシステムです。
この2つの燃焼室への対流は本体脇にあるバイパスダンパーハンドルの操作一つで簡単に切り替えができます。 燃焼開始や薪の追加時などは、煙突へのスムーズな上昇気流(ドラフト)を起こすため、イラスト(A)のようにバイパスダンパーを開き垂直燃焼にします。 通常燃焼時では“燃えすぎ”を抑えるため、バイパスダンパーを閉じ、薪の底からゆっくり燃焼させる水平燃焼(B)へ切り替えます。 これにより、薪全体を燃やすのではなく、下方の薪から順次燃えるようにすることができ、無駄のない燃焼を作り出します。 この2つの切り替え機能によって、燃焼効率を向上させ長時間燃焼を可能にし、薪の量を抑えることに成功しました。

 

バーモントキャスティングスのご購入・お問合せ