高知の薪ストーブ販売専門|アイコー機械
アクセサリー各種お問い合わせ下さい。

TOP >>Dutch West(ダッチウエスト)シリーズの特徴
安定した燃焼に欠かせない 「高気密設計&流体システム」

グラスファイバーロープコンソリデーテッド.ダッチウエスト社は、ハンドメイドのストーブを作る会社として、1974年にブルース・マッキニーとその仲間がアメリカ東海岸で創立した会社です。後に本社はマサチューセッツ州のプリマスに置か れました。マッキニーは、当時主流だった燃費の悪い大型ストーブではなく、それらより小型の高性能ストーブを鋳物で作ろうと決めました。鋳物は表面に凹凸のある模様をつけることが可能で、でこぼこしている分だけ表面積(つまり放熱表面積)が大きくなります。従来の平らな鋳物に比べると数倍の表面積になるのです。つまり、その分だけストーブのサイズを小型化できるとマッキニーは考えたわけです。

次いで、マッキニーは工夫を重ね、ストーブを完全な密閉型に仕上げ、空気取り入れ口以外のどこからも空気が入らないようにしました。この改良により、ふつうは15~20分で燃え尽きてしまう薪が、ダツチウエストトーブでは、一回くべた薪で一晩中熱を出続けることができるようになったのです。集中暖房にも匹敵する暖房能力があると同時に、薪をひんぱんに足さなくてはならないという手間からも解放されました。
さらに、燃焼室と分離した大きな灰受け皿、燃料を選ばない点、振動式グレートなど、たくさんの使いやすい特徴も備えていました。また、既 存の暖炉の中にも据え付けられるよう、長さの異なる脚までも用意したのです。

他社のストーブは単なる鉄の箱にすぎませんでしたが、ダツチウエスト・ストーブは、そのとき既に世界で最も進化したストーブだったと言えましょう。

リバーシブルフルーカラー、サイドドアバイパスダンパー、分離された灰受用ドアと灰受皿等の発明は現在広く他社でも採用されています。 しかし、いまだに他社に採用されていない特徴があります。
ダッチウエスト独自のコンベクションシステムです。

全鋳鉄製でストーブを二重に組み立てる方法は、手間と鋳鉄の量が多くなり大変ですが、そこから発生する賛沢な熱は他社の製品では体感できないのです。デザイン面でも、マッキニーが選んだの は、ニューイングランド地方特有の簡素で優美な「フェデラル建築様式」でした。鋳物製であるため、 鋳型に彫刻された細かい線や凹凸がくっきりと浮き出て、直線と曲線の調和が美しく、ストーブのサイズも適切でした。アメリカで家具として初めて受け入れられたストーブ、それがコンソリデーテッド・ダッチウエストのストーブなのです。

コンベクションシステムの構造
ストーブ・イン・ストーブ。すなわち 、ストーブの中にもうひとつストーブがある構造です。 構造が複雑で、製作には手間がかかりますが、 これにより、輻射熱と対流熱を生む絶妙のバランス を持ったストーブが生まれます。 ストーブ底面から吸い込まれた冷気は、ストーブ背面で暖められ 、次いでストーブ上部より温風となって前方へ吹き出します。 また、二重構造なので、ストーブ底面と背面の外側温度を 下げることができ安全性が高まります。 ストーブの重量も増やすことができ、蓄熱性が非常に優れ、常に温度変化の少ない熱をより遠くまで放出し続けます。

 

ダッチウエスト・ストーブに世界で初めてキャタリティック・コンバスターを搭載

寒い朝、氷室のように冷え切った室内で、新しく火を起こすのは辛いものです。でも、密閉型のダッチウエスト・ストーブには前の晩の火が残っているので、空気取込口を開き、新しい薪をくべるだけで、火はすぐに元気に燃え始めました。寒冷地に住んだ経験のある人なら、これがどれほどありがたいことか、身にしみてわかるでしょう。

さて、ストーブは低温で長時間運転すると、煙(いろいろなガス)が多く発生し、これがクレオソート生成の原因になります。クレオソートは粘着性のタール物質で、煙突を詰まらせたり、状況によっては火災を起こす危険さえあるため、この問題の解決法としてマッキニーが着目したのが、最新の燃焼テクノロジー、「キャタリティック・コンバスター」でした。

コーニング・ガラス社が開発したばかりの触媒で、貴金属の白金パラジウムとロジウムをコーティングした蜂の巣状のセラミック部品で、通常なら燃えない低温の煙が、この触媒により、煙突に抜ける間に二次燃焼されるからです。(*通常煙などは摂氏600度以上でないと燃えませんが、この触媒をつけることで、摂氏250度で触媒と反応して燃えるようになります)。二次燃焼後の煙はクリーンになるため、クレオソートはたまらず、排気ガスも90%クリーンになりました。

キャタリティック・コンバスターは高価でしたが、マッキニーはこれを標準部品として使うことにしました。ダッチウエスト社が多量に購入することで、キャタリティック・コンバスターの価格も下がるのではないかという狙いもありました。こうして1984年、マッキニーはフェデラル・コンベクションヒーターに、世界で初めてキャタリティック・コンバスターを搭載したのです。

Dutch West(ダッチウエスト)のご購入・お問合せ